キャッシング審査在籍確認は回避できる?

キャッシングの審査で一番嫌われているのは在籍確認です。
金融機関側としては確実に勤務している事実を確認するために避けることができない事なのですが、職場にお金を借りていることを知られたくない人にとってはできる限りしてもらいたくないことです。
金融機関が在籍確認を省略することができない理由として、源泉徴収票などのデータは前年のものであり、現在どうなっているかはわからないという事が挙げられます。
そのためあえて嫌われる在籍確認をしているのですが、健康保険証などの提示で在籍確認を回避することができる場合があります。
健康保険証は退職すると取り上げられるため、持っているという事は勤務していることを意味し、在籍確認を省略できると判断されることがあるのです。